仮審査で調査されることって

カードローンを組みたいと考えた時に、覚えていてほしいこととは、仮審査で今までカード会社で借り入れをした履歴、返済などの記録を調べられるということ。

 

具体的には、以前に別のローン会社での延滞や滞納があったかどうかの履歴です。このようなことがあると、ローン会社からの信頼がなく審査に通りにくくなります。

 

仮審査があまく、ひっかからなかったとしても、本審査ではそうはいきません。

 

自分のローン返済履歴はしっかり把握と、滞納などしないよう注意が必要です。

 

以前、何社から借り入れしていたのか、借り入れをした時の金額もカードローンの契約の際に重要視されます。

 

他社で支払い中の場合には返済残高の金額の提示を求められます。偽ったとしてもすぐに調べられますので正直に伝えなければなりません。

 

もし、借入金額の合計が年収に合わない高額だった場合、カードローン契約ができない、もしくは契約できたとしても借り入れ限度額が低額に制限される可能性があります。

 

仮審査も慎重に

インターネットで気軽にカードローンの仮審査ができるようになっているために、手当たり次第に複数のカードローン会社の仮審査に申し込んでしまいがちですが、仮審査に申し込んだ段階で、個人情報を金融会社に提供したことになります。

 

カードローンの仮審査を短期間に複数の会社でしたという情報も残ってしまいます。

 

本当に必要な時に、カード審査の段階で審査に影響することも考えられますので、安易に複数の会社に仮審査の申し込みをしないほうがいいでしょう。

 

仮審査の履歴をどの程度重要視するかはカードローン会社により審査基準が異なりますので、一概に“大丈夫だろう”とも“必ずしも影響する”とも言い切れませんが、影響する可能性があるということは覚えておいた方がいいでしょう。

こちらもおすすめ!スピーディ審査のカードローン